医薬品を個人輸入する方法

世界には日本では販売されていない医薬品が数多く存在します。
国内・国外の開発場所に関わらず、医薬品は薬事法に則り国の許可なく販売することはできません。
そのため、海外では認められている治療に効果的な薬でも、日本では認可されていないがために入手できないという医薬品が少なくはないのです。
しかし手に入れる方法がないわけではありません。
医薬品の個人輸入は国によって、個人が利用するに限り一定の用量内でなら輸入をしても良いと認めています。
よって、他人への譲渡や譲渡は禁止されており、あくまでも輸入者本人が使用することを前提ですが、個人輸入なら医薬品を入手することができるというわけです。
輸入可能な用量については以下のようになります。
処方箋薬は用法用量から見て1か月分以内で、外用剤については、標準サイズで1品目24個以内、その他の医薬品と医薬部外品においては用法用量から見て2か月分以内となっています。
通常であれば医薬品を国内に輸入する際、然るべき機関へ書類提出をしなくてはならないことになっているのですが、例外として上記の数量の範囲なら関税での確認のみで通関することができます。
では、実際の個人輸入手続きですが、医薬品の個人輸入代行業者に依頼して輸入をするのが一般的となっています。
個人輸入代行業者は文字通り、医薬品の個人輸入の手続きを消費者に変わってしてくれる代行業者のことです。
そのシステムは難しくありません。
消費者は個人輸入代行サイトから、購入を検討している医薬品をインターネットショッピングと同じ要領で購入します。
決済の確認後、代行業者が海外メーカーや海外業者に当該医薬品を発注してくれるので、海外の業者から直接消費者の元へ商品が届くようになります。
つまり個人輸入とはいえ、消費者からするとそのシステムは通常のインターネットショッピングと何ら変わりないので抵抗なく手軽に利用することができるでしょう。
ただし、医薬品の個人輸入代行業者は探せばたくさん存在するため、どこの業者を活用したらいいのか迷うところです。
安全に医薬品を利用するためには、信頼できる輸入代行業者を選ぶという自身の心がけが重要になるでしょう。
さて、そうは言っても安全な個人輸入代行業者を選ぶことは難しくはありません。
もし利用するのなら、大手個人輸入代行業者を選択して依頼すれば安全です。
大手には実績がありますし、リピーター率も非常に高くなっています。
また、100%の品質保証で、配送に関しても保証してくれるので万が一のトラブルも問題なく対応してもらえるでしょう。
これらを簡単に確認する方法があります。
それが実際に利用された方の声です。
つまり口コミやレビューを参考にすれば、薬の効果も分かりやすいですし、また業者の手続きがスムーズであったかなども分かりやすくなっています。
医薬品は法律で規制がかかっているものなので、怪しいと思えば調べて比較をすると安心して購入することができますし、また使用することが出来ます。

Comments are closed.