個人輸入代行のサービスで海外の医薬品を買う、さまざまなメリット

男女にとって性行為というものは、とても大切な営みです。
それはいくら年をとっても、生涯現役でいたいものですが、事実、アメリカなどでは高齢者の方は自由にセックスを楽しんでいるようです。
日本ではあまり考えられないことでしょう。
どうして日本では年寄りがセックスをしてはいけないのでしょうか。
してはいけないというよりも、昔から日本では高齢者のセックスを笑ったり、冷やかしたりしている傾向があるようです。
これは何とも恥ずべきことでしょうか。
しかし、今の日本は既に高齢化社会という問題に直面しています。
高齢者のセックスが笑いや冷やかしのネタになるのであれば、これからの日本の高齢者は、ずっとセックスなしで生きて行かなければならないでしょう。
これではあまりにも寂し過ぎます。
高齢者の性行為を阻害するものに、EDという症状があります。
これはもう、今では世界中に苦しむ男性がいる症状です。
このEDの原因はさまざまなものが考えられています。
確かに加齢からくるものはあるのですが、最近では若い男性も多いことから、心因性のものというのが多いそうです。
EDに大きな効果が期待できるのはED治療薬です。
有名なものにバイアグラというものがあります。
このバイアグラはアメリカFDAで承認された、世界的にも大人気の治療薬です。
おそらく世界で一番多くの人に使用されているのではないでしょうか。
たとえば、このバイアグラを買おうと思ったとき、今、多くの方に注目されているのが、医薬品の個人輸入というものでしょう。
文字通り、個人使用の目的のために、海外から欲しい商品を輸入するというものです。
ですから個人輸入した医薬品を販売譲渡することは絶対にできません。
国内でもこの個人輸入は認められています。
しかし、実際に個人でこれを行なおうとすると、外国語の問題や支払方法の手続きがかなり問題になるでしょう。
ですから個人輸入のすべての業務を専門業者に依頼して代行させることが話題になっているのです。
それが個人輸入代行というサービスなのです。
法律を考えてみますと、バイアグラのような医薬品を始め、医薬部外品、化粧品などを販売のために輸入するには薬事法というものがからんできます。
その規定では厚生労働大臣の承認許可などがどうしても必要となります。
しかし、個人輸入の場合はこれは必要なく、もちろん、個人輸入代行サービスでの購入にも必要ありません。
だから簡単手軽なのです。
個人輸入代行のサービスで海外の医薬品を買うメリットは、けっこういろいろあります。
たとえば、今、日本で流通している医薬品はすべて厚生労働省が認可したものですが、それら承認済みの医薬品以外で欲しいものがあるとき、それが普通にドラッグストアなどで売られていませんから国内では買うことができません。
そこで薬事法では、海外医薬品を国内にいながらにして購入する事は認めていますから、この個人輸入という方法をとれば、国内では売ってない海外の医薬品も簡単に購入することができるのです。

Comments are closed.