有名海外医薬品のジェネリックを個人輸入代行サイトから購入して薬代の節約を

インターネット上で最近よく目にするようになった言葉の中に、海外医薬品の個人輸入というものがあります。
これは言葉を見れば大体の意味は分かります。
ようするに、個人で海外の医薬品を輸入するという意味なのでしょう。
しかし、そのルールや法律上のことは分からないという人がほとんどなのではないでしょうか。
たとえば、この個人輸入では、個人の使用に限定して、買い付けることはできますが、それを他人に販売したり譲渡したりすることは禁じられているのです。
そういうルールや法律を守りながら、欲しい海外の医薬品を個人で輸入することには何の問題もありません。
しかし、それはけっこう難しい買い付けになると言えます。
そこには語学のスキルや手続きに関する知識など、知っておかなければならないことがたくさんあるからです。
ただし、現代ではそうした個人輸入の業務を代行してくれる業者も、インターネット上ではかなりあります。
そういう個人輸入代行から海外の医薬品を購入している人も、最近ではかなり増えてきました。
こうした個人輸入代行サイトでは、日本国内では購入できないような海外製品を手軽に買い付けることが可能なのです。
それは今は世界中で人気のあるプロペシアを始め、ゼニカル、バイアグラなど、いろんなものが買えるのですから大変便利です。
このようなサイトでは、もちろん使用説明書には日本語訳が記載されていますし、多くの利用者の体験談なども満載されていますから、外国語に不安のある方でも、また商品に不安を抱いている方でも、容易に利用できる仕組みになっています。
海外の人気医薬品が欲しいのだけれど、それらは価格も高くて、なかなか手が出せないという方にも、多くの個人輸入代行サイトではジェネリック医薬品も扱っていますので、安く購入することができます。
ジェネリック医薬品というものは、最近ではテレビのコマーシャルでもお馴染みですから、その名前ぐらいは耳にしたことがあるでしょうが、実際、それがどういうものなのかは分からないというのが現状でしょう。
そもそもジェネリック医薬品には効果が期待できるのか、そして安全なのか、という点がやはり気になります。
ジェネリック医薬品と言われるものは、新薬の有用成分をもとに製造されたものですから、新薬と同様の効果も期待できるのです。
そのことは厚生労働省にも認証されています。
ではどうして新薬と同じ成分を使って作れるのかという問題です。
これは新薬の特許権が切れたからできるものなのです。
特許が切れた新薬を他社が作り、名前を変えて販売しているものなのです。
ですから法的には何の問題もありません。
ただし、新薬のようにその開発に大きなお金がかけられていない分、ジェネリック医薬品の価格は安く設定できるのです。
ですからこのジェネリックを買って、使うことも大きな薬の節約にもつながるのです。
有名海外医薬品のジェネリックも、個人輸入代行サイトから購入できます。

Comments are closed.