大切なペットの健康を助けたい

ペットも人間と同じように病気にかかったり怪我をしたりして治療が必要になります。
しかし人間と違うのは、ペットには健康保険がないため医療費代が高くなってしまうという点でしょう。
ご存知の方もいるかと思いますが、ペット保険という、ペットの病気や怪我の治療に適用できる任意保険があります。
ただ、保険料もバカにはなりませんし、若いうちは人間のように頻繁に病気にかかるようなこともないため多くの飼い主さんは契約していません。
また、ペット保険は10歳未満しか新規加入できないケースが多く、すべてが終身で加入できる保険ばかりではないのもネックです。
もちろん加入しておけば、それに越したことはないですが保険料は生活を圧迫させる要因ですので、加入を検討しない飼い主さんの方が断然多くなっているのが現状でしょう。
さて、そうは言ってもいざという時には大切なペットのためにはお金のことなんて言っていられない!・・・と思いたいですが、実際には経済的負担のために治療を断念してしまう飼い主さんも少なくはありません。
でも、少しでも負担が抑えられるのなら当然、治療を続けたいですよね。
そこでお勧めされているのがペットくすりです。
ペットくすりは、ペット用の医薬品を販売している個人輸入代行サイトです。
購入方法は一般的なインターネット通販と変わりありませんが、全て海外から輸入する医薬品を販売しています。
医薬品の個人輸入は自身の治療薬を入手するために行う方も多いので、それ自体は特に問題がある行為じゃありません。
またペットくすりでは、人間が利用する医薬品を製造する製薬会社のペット用医薬品を取り扱っており、品質から配送まで100%保証しているため、トラブルにも素早く対応することができるのが特徴です。
よって安心して利用してもらえるでしょう。
ちなみに、ペット薬のHPを見ると薬価の安さが気になります。
何故こうも価格が安いのかというと、ペット用の医薬品は日本においては動物病院でしか手に入れることができませんが、欧米諸国ではなんとスーパーなどで手軽に購入することができるのです。
そのため薬価も安く、入手も簡単なんですね。
個人輸入では、こういった流通ルートから商品を輸入するため、必然的に日本で購入するよりも安い価格で手に入れることができるというわけです。
もちろん日本の動物病院で取り扱う医薬品と同じなので品質は保証されています。
その上で、動物病院で処方を受けるよりも3分の1〜5分の1の薬価で購入できるので経済負担がありません。
ペットくすりで取り扱う医薬品は犬用のものが多いですが、猫用の医薬品も多数取り扱っているのでチェックしてみてください。
ちなみに、れっきとした医薬品ですので用法用量・注意事項を守って服薬させていく必要があり、個人の判断で利用を決めるのは危険も伴うためおすすめできません。
事前に獣医さんに診せてから利用する医薬品を決めましょう。

Comments are closed.